jun's BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシン。

<<   作成日時 : 2005/03/30 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

私のパッチワークは手縫い。ミシンキルトが多くなっている。コレにはかなわない部分がある。
いろいろな手法が生まれ どんなにあがいても手縫いでは出せないモノが多い。
でも 手縫いには手縫いの良さがある。多少ゆがんでいようと 目が揃っていなくても暖かみはある。手作りの良さ!!y( ̄ー ̄)y自己満足の世界。

私は 洋裁が出来ないのに(苦手) 我が家には3台のミシンがある。2台は骨董品の部類。
もう一台も私が結婚するときに買ったモノでコレさえもう30数年。しっかり動く。しかし 重い。
┗(;´Д‘)┛超おもてぇ〜
鋳物で出来ている最後の機種らしい。この年代のモノはモノが良いですよと数年前に調整をしてくれたミシンやさんの弁。

一番古いのは伯母の遺品を貰い受けた昭和初期のシンガー。勿論足踏みで 黒塗りに金字の入ったお宝モノ。生前から コレは私が欲しいといい続けていたモノです。
洋裁が出来た伯母が私のお抱え仕立屋さん。幼い頃からほとんど伯母の手作りの服だった。
欠点??は センスが進みすぎていて 流行しはじめる半年というかワンシーズン前に 最先端を着せられる。
昔懐かしい サックドレスやAライン、ホットパンツ(短いパンツ),ミニスカートなど、など。
まだ流行ってもいないときに これらを着るには勇気??がいった。

もう一台の古いものはパッチの先生から安く買った。足踏みをはずして電動になっているけれどカバーが 木製でステキ。直進縫いしかできないけれどコレで充分。

私は3回洋裁を習うことをトライ。
1回目は結婚が決まり 式から逆算して3ヶ月。(@_@;)
2回目は 二女が小学校に上がって時間が出来て、、、コレは1年ほど。
3回目は10年ほど前に、、、1年、、、。続かない。好きではないのよねー。
でも こんなモノが着たいというのは有るわけ。もうチャレンジはしません。(キ▼д▼;)トホホ・・

いま やっているパッチは 古いジャワ更紗の生地。コレが糊落としをしても針が通りづらくて 縫いにくい。
ピースワーク(小さな布をつなぎ合わせる)は 昨秋手でやったのだけれど、、、コレも一因で肩こりが病的になってしまった。
今回は 普通と違うやり方でつなごうとしたら 手では無理。

ミシンを出してきて 挑戦中。チョッと音は大きいけれど がんばれミシン!!p(´∇`)q ファイトォ~♪

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
着られて→切られて、の間違いです
岩通信
2005/03/30 06:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシン。 jun's BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる